2002年1月16日 2002年屋台始めは念願の沖縄屋台!

2002年になりました。大寒を前に寒さがちょっと緩んだチャンスに屋台始めです。
今回は、懸案であった沖縄屋台にターゲットを絞り、めったに行くことのない呉服町ランプまで
足を伸ばしました。


元六 呉服町浜口公園前(呉服町入口ランプ)

浜口公園前には6軒の屋台がありますが、一番ランプよりで、黄色い暖簾が目印です。
大将が沖縄の方と聞いていたので、期待度 大 です。 
 
生カキの焼き物。 この季節、よく口にしますが、沖縄屋台で?? 深く考えてはNGです。 タコスライスだったと思いますが、ご飯の上にタコスをばらばらにして載せたものです。味付けが良かったので、結構美味かったですよ。
豚の角煮 (ラフテー) マジで美味かったですよ。これはお薦めです。 ゴーヤチャンプル。 初めて食しました。これが美味いのかどうか良く分からず。好き好きでしょうかね。
焼き飯。味が濃くてなかなか美味。ビールのあてにはいい感じでした。 お決まりの記念撮影。 大将自らシャッターを押してくれました。

会長:ここの大将も若いですよ。何でも大学で福岡に来てそのまま屋台をやっているそうです。柔軟な発想でオリジナルメニューがたくさんありました。でも、ちゃんと味も良かったです。若い人が好んで集まりそうな雰囲気もGoodでした。また、来ましょう!
たかだっち:ゴーヤチャンプルやラフテー おいしゅうございました。沖縄料理って、もっとクセのあるとおもっていたけど、福岡のひとに食べやすくしているのかな?それとも、おれってホントは”海人(うみんちゅう)”かな? あと、カクテル系もあるので、案外、あったかい時期に合う屋台かも!
鈴ちゃん:沖縄の代表的な料理”ゴウヤチャンプル”を初めて食べたが野菜のシャキシャキ感がなんともいえずおいしかった。野菜不足の人におすすめ!


みずほ 呉服町浜口公園前(呉服町入口ランプ)

この屋台、40年近く使い続けているそうで、年季の入り方が違います。まずは、屋台の趣を味わってください。
そのまま、昭和40年代といった風情です。ここで、値段が馬鹿高かったら、怒ってしまいそうですが、ご安心
ください。そんなことはありません。

シャイな大将。 前から写真を撮らせていただけませんでした。 ただ、凄く面白い人ですよ。 歴史を感じさせる金具と磨り減った止め木
これにはマイッタ! 換気口です。 名物の餃子。 8時くらいで最後の2人前でした。
ニラの卵とじ。 なんというか、半熟の卵のとろーりとした感じと、あっさり醤油あじ。懐かしい味です。 写真では、左との違いが良く分かりませんが、こちらは豚、ピーマン、なすの卵とじです。この料理もタイムスリップしたような懐かしい味です。
ホルモン焼き。 これ、味が良かったです。 味噌がうまいのかな。 お薦め◎ これまたレトロなラーメンです。 子供の頃、ラーメンといえば、こんな感じでした。 チャーシューが鶏肉なんで、凄くあっさりしてました。
大将の人柄がわかって、一気に和みました。 心地良い空間です。
お愛想! で、出てきたのがこれ! いくらでも食べんシャイ。 ハートウォームな瞬間でした。 大満足で記念撮影。ちなみにシャッターは大将が押してくれました。

会長:レトロの一言に尽きます。40年近くそのままの形で営業されていることに価値があるように思います。もちろん、料理もオリジナリティがあって楽しめますが、一言で言うと懐かしい味です。色々屋台を巡ってきましたが、お愛想で、お茶と沢庵を出されたのはここが初めてでした。
たかだっち:さすが、昔からの屋台!で、大将との会話がとても楽しかったです。(初めは、一見さんお断りという感じで、こわかったけど)料理が、とってもビールやお酒に合います。なかでも、もちもちとした個性的なぎょうざが、不思議な印象的でした。
鈴ちゃん:初めのうちはおじさんが怖い人かな〜と思ってたけど、時間が経つにつれおしゃべりもはずみとても楽しく食事ができました。次回は裏メニュウに挑戦したい!


Copyright © 2002 博多屋台同好会
All rights reserved.