2004年4月16日 冷泉公園の屋台

花見宴会の喧騒も一段落し、この季節は、屋台に最高の季節です。一時店を閉じていて気になっていた菊屋がリニューアルオープンしたという噂を聞きつけて、早速、冷泉公園での活動を計画しました。仕事等で参加できない人が多かったのですが、それを補うかのようにTV取材などのハプニングもあり、結構盛り上がった活動となりました。
(TV放映は、4月27日のドォーモだそうです!カットされずに出るかな?!)


菊屋 (冷泉公園)
 
新マスターの料理にワクワクの秘書&しなちゃん 手前はきのこのオムレツ。 奥は、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。ソースが旨いのでついパンを注文 
なんと、ドォーモの取材で、ナカジーとスター高橋が登場。 いきなり、変な日本人のビッグとっしーにツッコミ! リアクションが派手です。
マスター カメラの前で、勝負かけてます。 生ナカジーは、TVまんまの人でした。 ただ、気配りも相当なものでしたよ。
フォワグラのソテー。 味はサイコーなのだが、もうちょっと大きくないと みんなで食べれません。 好評だった。トンとろ(豚)
美味しいと笑顔が自然と出ますね。 こちらも ノリノリになってきました。
キメは、明太子スパゲティ。 美味しい!!が、 これも量が少なめ。 マスターを囲んでの、お決まり記念撮影。 

会長:新生菊屋さんは、先代のメニューをほぼ引き継ぐ形で、味も良く安心して楽しめました。オリジナリティを出していくのがこれからの課題と思いますが、一先ず菊屋が継承されたという点で、良かったです。量は少なめなので、もうちょっとボリュームを考えてほしいです。
秘書:マスターが新しくなってからの菊屋さんは初でしたが、以前のメニューもあり、ワインも飲めて楽しかったです♪突然の取材にはビックリでした。写ってたらいいなぁ〜。私のお勧めは、ほほ肉のワイン煮です。お肉がやわらかく、またソースをパンにつけて食べるとグットです。その他、とろ〜りチーズのチーズオムレツ、トントロなども美味しかったです。
みやちゃん:めんたいスパゲティはめんたいこぎっしりでしっかり味がついててグー、牛ほほ肉ワイン煮込みはほんのり甘くて柔らかかったです。トントロ焼きはビールがすすみます。
しなちゃん:料理はどれも手が込んでいて、味も絶品!量が少なめなのでひとり一皿くらいはいけるかなという感じ。ただ、はらぺこだった私には、料理が出てくるまでの時間が長過ぎましたね。
ビッグとっし:


錦ちゃん (冷泉公園)

二軒目は、となりの錦ちゃんへ....

お馴染み、ホークス色の暖簾をバックに、しなちゃん、秘書、とっしー こちらも、ご機嫌のみやちゃん&怪鳥
そして、錦ちゃんの大将。 自慢の手作り餃子を丁寧に作ってもらいました。 これが、評判の餃子。 タレとのマッチングも良くて、何個でも入る感じ。
焼き物はこんな感じで..  ベーコンアスパラ巻きもネタが大きく満足度高し! 皿からはみ出る、バラ
マスターお奨め。 アロエです。 酢醤油がかかってました。 アロエを嬉しそうに食す、秘書であった。 
ホルモン。 ピリ辛系ですが、これまたいけます。 ちょっと、落ち着いてきました。
大将に、なんかつまみ頂戴!と言ったら出てきたのがこれ。豚耳を唐辛子&酢醤油ねぎでシンプルに.. ある種Deepな世界でした。 めちゃめちゃ話が盛り上がって、時がたつのを忘れてました。 これにて終了。 
 
会長:ここの定番餃子は、マスターの人柄が出たような優しい味がします。その他の料理もボリュームがあってGood。一人でも気軽に入れる雰囲気といい、博多屋台の王道です。
秘書:ここではやはり、オーダーが入ってから大将が袋詰!?する餃子を食べなくては始まりません。パリッとした皮からジューシーな肉汁があふれビールがいけること間違いなしです。アチアチしながらビールをグビグビ...最高です。串焼きもネタが大きくボリューム満点です!
みやちゃん:ぎょうざは注文してから包んで焼いてくれました(☆o☆)柚こしょう入りタレにつけるからあっさりしてて何個でも食べれると思いました。焼き鳥もバラ、おくら巻き、イカなどなどネタが大きくおいしかったです。次回は品切れだった皿うどん食べてみたいです。
しなちゃん:マスターが注文を受けてからその場で具を包んで焼いてくれる餃子は、焼いているときの匂いからかなりやばかったです。外はカリッと中からはじゅーっと肉汁が。たまりません。マスターのサービスでアロエ(ポン酢がけ?)を初めて食べましたが、とろっとした粘りがあって、それでいてさっぱりしていて、とてもおいしかったです。アロエってゴーヤのような苦みがあるものだと勝手にイメージしていたので、びっくりしました。
ビッグとっし:


Copyright © 2004 博多屋台同好会
All rights reserved.