2007年2月9日 しずえ にて 恒例のワインテイスティング会

今回の活動は、恒例のしずえでの、ワインテイスティング会です。今年準備されるワインのセレクトに参加できる会とあって、期待は高まります。
料理に合うワインを選ぶために、今回は、真剣そのもの、酔っ払うのはご法度です。すばらしい料理を堪能できましたので、写真から雰囲気を感じ取ってもらえればと思います。


しずえ  

 

怪鳥:ワインのテイスティングは難しいですね。初めて、時間経過による味の変化を体験しました。結構感動モノでした。最後のオムライスに至るまで手抜き無しの技を堪能させてもらいました。
なかしー:料理は全て良かったですね。特に何がよかったと言えば、私はやっぱり鮑ですかね。あの鮑の食感とソースとのマッチは何とも
言えませんでした。ワインはと言うと、料理の味や時間を置くことで、こんなにもワインの味が違ってくるとは思いませんでした。新しい発見です。
これからのワインの飲み方が変わるかも。最後に店の雰囲気ですが、マスターが料理を作っている姿が直に見えて、食べるだけでなく見る楽しみもありました。さすが職人風。

屋台侍1合:
屋台侍2合:「しずえ」さんは良いですね。本当に絶品です。幻のカレーもいただく事ができましたし、密かに今回の一押しはあの肉厚の「あなご」でした。あれは忘れられません。またワインの試飲会なので当然かも知れませんが、しずえさんの料理は、ビールや焼酎ではなくて、やっぱり、ワインなんですね。個人的にはイタリア産が○が多かったです。今回初めてご一緒させて頂いた同好会のみなさん、またどこかの屋台でご一緒させて頂ければと思います。ありがとうございました。
屋台侍3合:人生2度目の屋台体験。「しずえ」で素晴らしいワインテイスティング会に参加させていただきました。真剣に料理とワインの相性を考えながら食べました。料理は全6品+1品おまけのコース。全て美味しかったのは当たり前なのですが、古くから通ってる方でも中々お目にかかれないカレーライスを2回目で頂いてしまいました(みなさん、すみません)。今まで食べていたカレーライスが何だったのだろうというぐらい美味しかったです。
おやびん:さすがにテイスティング主体の会のためワインに酔わされる訳にはいかず結果シッカリと料理にも意識を集中する事になりました。ワインに合う料理らしく確かに美味しく飲めました。確実に足りないくらいに一番クンはサバ料理のソースかな。パンに絡めて一口ワイン二口てな感じでした。どのワインが良かったかと言えばやはり私的にはイタリア物ですな。


Copyright © 2007 博多屋台同好会
Some rights reserved.

Creative Commons License