99年8月9日 損し & バター 来福記念

昨年冬に、屋台同好会に初参加した損しが、強力な相棒 バターを連れて、
博多に再上陸。前回は、オーバーペースで早々とリタイアしただけに、
今回のリベンジは気合十分。青春18切符で、大阪からなんと10時間も
かけての参加です。
今回は、初の屋台ばかりを回ることにしました。


都 (天神2丁目)

まずは、天神界隈で軽く一杯。夏の屋台は暑いため、風通しの良い屋台を選びました。
ここは、結構涼しかったです。

都 で記念撮影 ホワイティ・珠美ちゃん・損し・バター

豚キムチ タンステーキ

 今年から、お目見え博多内を巡る100円バスで移動中

損し:牛タンステーキ炭火焼き ★★★★。牛タンをブロックで買える店はあまりないですから、家ではなかなか楽しめないです。ペラペラの塩タンとは違った味わいでした。100円バスこれはヒットです。10日も11日も利用しました。博多と天神の間だったら旅行者も間違えずに乗れますし、多少時間がかかっても、冷房が効いた車内から街を眺められますし。。。
バター:牛タンステーキがおいしうございました。常連らしきおっちゃんは正体不明でした。
ビーン:風通しはよかった。でも台風のせいだったかも。タンが美味しかったですね。Standardな屋台。
珠美秘書:車どおりの多い道沿いにあるため、かなりあつい。 ホルモンがおいしかった。
Whity:比較的涼しくすごせたところがよかったです。味噌豚炒め(でしたっけ)や牛タン焼きもまあまあでした。冷泉公園までの100円バスはほとんど貸し切り状態で結構印象に残りました。


屋台バー えびちゃん (冷泉公園)

100円バスに乗って、数分後? 到着したのはリバレイン前。そこから、冷泉公園へ目指すは  あの 幻の えびちゃんでした。
コンクリートの天神に比べ、草木土のある冷泉公園そばということで、非常に涼しく、夏場はこの付近の屋台来る方がGoodでしょう。えびちゃんは、期待通り 佇まいといい、BGM(Jazz)といい、すごくCool。暑い都会のオアシスを感じさせてくれました。


やっと、来ました。 えびちゃんです。

満席なんで、席が空くまで冷泉公園のスペシャルシートで.....

快適な、ウェイティングバー??? なんか眩しい...

フローズン ピーチダイキリ と アボガドのペーストクラッカ。 絶品です。 ???

屋台内は、こんな感じ。 右の方がマスター。

 タン塩ステーキ 色ぽーい珠美ちゃん♪ この屋台には、こんな雰囲気に酔わせる何かあり!

損し:めずらしい・・・です。 が、ただ、酒飲みにはちょっと寂しいという気もしました。ちょっと時間潰しに寄るという感じでしょうか。
バター:青汁がおいしうございました(ホントは抹茶のカクテル)。消防団のみなさまががんばっていました。
ビーン:移動に利用した100円バスの冷房で生き返りました。アボガドのねり物は美味しかったです。塩・胡椒がきいていました。私が飲んだダイキリはGoodです。
ご存知ないかたはこちらをどうぞ--->
  http://park.coconet.ne.jp/hideakis/cock/daiq.htm
   http://www.hi-net.ne.jp/karube/newforuda/daikiri.htm

珠美秘書:やっとえびちゃんで飲めました。旬のフルーツを使ったカクテルをすすめてくれてほんとにおいしい!屋台の中もこぎれいでセンス いい。満席のとき、裏の冷泉公園に運んでくれるのもいい!
Whity:えびちゃんでは、あのまま公園席の方が涼しかったかもしれませんただ、カクテルにきゅうりの漬物(糠漬?)には少々意表をつかれました。写真では骨だけになっていましたがスペアリブソーセージがありました。細身のものが数本くるのかと思っていましたが1本太いのが来てしまいましたのでありがたくいただきました800円か900円だったかと思います。カクテルはおいしくいただけました。屋台としては比較的高めではないかという気がしましたが私は、屋台にほとんど行ったことがないためあくまで印象です。ただ、あのような店は他に比べるとコストがかかるでしょうから、仕方がない部分もあるのではないかとも感じました。:
怪鳥:最高の雰囲気&テイストだったのですが、一つだけ、注文を急かされたことが気になりました。
回転率を上げたいのは良く分かってますが..... BARっていうのはムードも売ってる訳で、そこがふつーの屋台と一緒じゃ、ちょっと興ざめですね。でも、ここ一発で使える別格の屋台です。@¥4000くらい...


KENZO (須崎)

えびちゃんでいい雰囲気になったところで、重ちゃんが直感で決めた。KENZOへ...

恒例、食前の記念撮影

マスターは、和食のお店で腕を振るっていたとのこと ママさんとのコンビネーションもばっちし。

鶏肉の味噌炒め。 これ、うまいっす!! タコのガーリック炒め

ちいさめの焼き餃子。 さくっとした食感が最高 料理が美味いと酒もはずみ

こんなことや あんなこと

そして、こ〜んなことまでも やってしまいました。 (c)1999 Miyabe

損し:覚えてないです。途中、アラ!君かさんが合流されたのは覚えてるんですが・・・。で、何時頃まで居たかも覚えてません。
バター:料理人のこだわりの逸品でございました。
ビーン:マスターが和食の料理人だったというだけあって、味はGoodです。タコとピーマンのオリーブオイル炒め(?)、軟骨ともにおいしゅうございました。
珠美秘書:枝豆がひじょうに手の届くところにあるのがミソ。
Whity:日本料理の修行をされた後、独立してこの屋台をはじめられたとのことで、それまでの経験と創造性を生かしたものになっていたのではないかと思われます。
怪鳥:須崎には営業間もない新しい屋台が多いようですが、KENZOをはじめ、なかなかちゃんとした屋台が多い様に思います。マスターの人柄もありますが、なっとく価格で安心して飲めると言うのは、ありがたいものです。